2010年9月10日 (金)

乙猫

Photo
風水の工事をやると面白い事だがある時期に風水的に有効であったかどうか
の何らかの現象が起きる。その時期の事を応期と言うが私の家の場合は乙卯
の日がその応期であった。この七月四日の乙卯の日の応期当日、弟が白い子
猫を拾ってきた。なんと尻尾が乙!(笑)

非常に人懐こい猫で性格も良い。たかが猫くらいと思われるかも知れないが
家族のものには宝であったりする。風水の効果も今後が楽しみである。

|

2010年8月10日 (火)

ヤグラヒメ神社

Photo_2
天照大神=卑弥呼の墓があるという神社
チャップリンのそっくりコンテストにチャップリン本人が出て見事三位に入賞(笑)
したそうだが案外本当の邪馬台国はここにあったのかも知れない。卑弥呼が亡
くなる時には緯書的に日蝕があったそうだ。神社も墓も東に向けて建立されて
いる。

|

2010年7月 6日 (火)

奥伝 断易秘法 上 雪之靜 東洋書院

Dscf0856a
Dscf0857a
東洋書院より断易の良書が発行された。断易は漢易・象数易に分類される術数
であるが、天文地理・玄空大卦の理解にもつながる。私家本でやや高価な値段
で以前から出ていたが、手の届きやすいこのお値段だとありがたやである。
表紙の最初と最後に納爻表のついた愛のある作りとなっている。

|

2010年5月26日 (水)

緯書集成 安居香山・中村璋八編 漢魏文化研究会

Photo

貴重な緯書の資料。全部で八巻あり、前書き以外は漢文なのでそれなりに
ハードルは高い。時代背景というものもあり、漢文の資料はチームワークで
解釈して行けば時間的にも内容的にも実り多いものになるように思うが
誰か一緒に取り組みませんか?(笑)

現在は重修緯書集成として出ているが、全巻揃えるのは難しいかも知れない。
やはり図書館にある場合もあるのでマメにコピーさせてもらうのがよろしいだろう。

|

2010年5月16日 (日)

緯書 安居香山 明徳出版社

1_3 経書の経はたて糸、緯書の緯は横糸で経書は
四書(大学・中庸・論語・孟子)五経(詩経・書経・
易経・春秋・礼記)などがそうだが、横糸である緯
書はそれを補完する重要な存在である。天文地
理もその成り立ち、原理から知ろうとしたらこれは
無視できない資料である。非常に面白い本である
のでこれから少しづづであるが、内容をご紹介して行きたい。

占術書もそうであるが、この手の本はなくなると入手しづらい。これは今はまだ
簡単に入手できる。図書館にも割りと置いてある。

|

2010年5月15日 (土)

マレーシア 善果園 干支

Photo
Photo_2
Photo_3 寅と卯
Photo_4 辰と巳
Photo_5
Photo_6
Photo_7 申と酉
Photo_8
Photo_9
干支というのは正確には天干と地支であり組み合わせは六十種類である。
干は幹で、支は枝ということで十二支に対し、十の干では二個足りないと
いう事で、その足りない時期を八字・四柱推命では空亡と呼ばれたり、算命
占術では天中殺と呼び、かなり警戒させるところもあるが、チャンスというの
は天風コウで、いつ出偶うかわからない。萎縮せず、徳を積みこの善果園
にあやかりしっかりやっていきたいものだ。

亥年の人はちょっとショック? 

|

2010年5月14日 (金)

徳島 勝占神社

Photo_4 勝占神社正面からの写真。
Photo_5ふもと神社の入り口
Photo_6 神社左側の山
Photo_7神社右側の山
Photo_8 正面にある山

私が住んでいる地元にある山であるが、この勝占神社のある山には事代主尊
が埋葬されていると考えている人がいる。勝占神社は失われたアークがあると
言う伝説もある剣山からの龍脈の末端にある。事代主尊は、古代の天皇の祖
先となっていて意識的にそうしたかどうかわからないが陰宅風水としてこれは成
功しているかもしれない。

|

2010年5月13日 (木)

竹林の八賢人

河図洛書 壇俊才の扉の絵は、マラッカ中央風水学院にかけられているもので
あるが、女性も加わって八賢人である。いつの時代も本当の意味での正論という
のが通らぬものであるが、時代に逆らって竹林に集まった賢人達を見習って行き
たい。

|